至福・・・


self therapy cards


昨日、注文していた以前から気になっていた「セルフ・セラピー・カード」が
届きました。

ネットの動画でそのカードの使い方を観ていたところ、関連動画に最近不食で話題の榎木孝明さんのものがありました。

今日は、ももちんさんアドバイスの「夏果物だけで過ごす日」の3回目だったし、姉が注文した「小食・不食・快食」の本が届いたこともあり、観てみることにしました。

内容は、プラーナを食べる話や今ここを生きるという話、幸運は引き寄せるのではなく本人がそこへ向かって行くのだという話など、かなりレベルの高いスピリチュアルな話になっていました。

当時の私だったら、この話を聞いてもよく分らなかったでしょうね。

  ⇒ オーラの泉 2008 04 19 榎木孝明


さて、セルフ・セラピー・カードですが、試しに「3枚のカードによる問題解決」をやってみたところ、今私が考えているワクワクに関して軌道修正するような内容でした。

実際に3次元を生きているのだから、逃げていないでまじめにこの世界を生きなさい!!ということなのでしょう。

「至福」を追い求めるのもエゴ・・・ ですよね。



そう言えば、最近知ったブログにこんな記事がありました。

http://mitsunakoudai.blog.fc2.com/blog-entry-378.html より抜粋

私たちが「真我」に到達しようとするとき__

 5つの罠が存在する――。まず「肉体」との自己同一化、そして「生気からなる身体」との同一化だ。さらに、「精神的な心の身体」と「知性の身体」があり、最後に「至福の身体」がある。
 「私」というものは、これらの身体を通じて機能している。これらの鞘(さや)が「罠」となるのだ。
 人は真の自由に直面する前に、これらの自己同一化のすべてを超えていかなくてはならない。

 至福の中にいる心は、もちろんとても幸せだ。多くの人たちがそこにとどまってしまう。聖者でさえこの地点を超えられずにいる。
 至福の体験は美しく、この障壁を乗り越えるのとても難しい。だが、そこを超えたところに究極の真理があると知れば、そこにさえとどまるべきではない。

 しかしエクスタシーの中で、あなたは泥酔したようになっている。それを放棄するか取っておくかという選択肢は、あなたにない――



私はと言えば、まだ「肉体との自己同一化」からさえも脱け出せてはいませんが・・・。



ところで、浦島太郎・・・

職場でほとんど毎日この歌を歌います。

歌う度に不思議な話だと思っていましたが、このブログ主さんの解釈だと
腑に落ちますね!!




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niraikanai567

Author:Niraikanai567
住所:大阪府羽曳野市
性別:女性

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

心と体・宇宙をひとつに

印流ナチュラルライフ 
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR