「暇」の向こうには・・・


不食をさまたげる最大の障害は、飢餓感ではなくて「暇」!!


言われてみれば、頷けます。

休日の私のお決まりのセリフは、「ちょっと早いけど、暇だからお昼ご飯にしよう」
ですからね。(笑)



実はその「暇」が重要な鍵を握っているようです。


自由人・光奈さんのブログより抜粋させていただきます。

OSHOの講話集『Joy(喜び)』より

 「退屈から逃げずに直面するには、大きな勇気がいる。それは実際、死ぬよりも難しい。
 もし退屈を観察し、観察し、観察し続けると――、退屈はどんどん大きく強烈なり、あなたは息が詰まってほとんど死にそうになる。もう逃れるすべがないように思える。しかし何でも永久に続くものはない…」

 「なお退屈を見つめ続ければ、やがて爆発が起こる。退屈の強烈さがピークに達した時点で、大きな転換がやってくる。必ずやってくる。そのとき変容、覚醒、悟り――、何と呼んでもかまわないが、それが起こる。
 あなたは、自分自身の無の中を貫いていく。退屈はただの覆いに過ぎず、その中には『大いなる無』が詰まっている。
 そこで突然、退屈が消えて、悟りとサマーディが現れる。あなたは究極の無を見るのだ。つまり、あなたが消える。すると誰が退屈するのだろうか? 何に退屈するのだろうか? あなたはもう存在しない。あなたは消滅したのだ。人が退屈から逃げるのは、『自分自身の無』から逃げているのだ。
 そして、光とともに、歓喜が訪れる。まったく理由などないのに、喜びで一杯になる。限りない喜びが、そこにわき上がる」――




退屈を見つめ続ければ、「わたし」は消滅!!


スピリチュアルをかじっている人でOSHOの本を読んでいる人は多いですが、私はスピリチュアルの世界を知った当初に本屋で彼の本を見かけましたが、彼の顔がどうしても好きになれなかったので買いませんでした。(笑)

多分、顔がというより、その頃の私には内容が難しすぎるので、興味が湧かなかったということでしょうね。




一昨日、非二元の大和田菜穂さんの動画、第二弾「脳科学とノンデュアリティ」が公開されました。

保江先生との対談です。

皮膚のお話は興味深いお話で、とても面白かったです。

会員に登録して、是非視聴してみてくださいね。

 登録はこちらから ⇒ 「End of Seeking」


菜穂さんに会いたいので東京まで出かけて行こうかと思ったりしましたが、ご縁があれば大阪でいつか会えると思っていたら、なんと早々に願いが叶ってしまいました。

 ⇒ 大阪サットサン


申し込み開始日の今日は、急遽休日になったので、無事に申し込むことができました。

私と姉は両日参加します。



10月11日と言えばわたしの誕生日・・・

オリオンのMさんと同じ誕生日で、一昨年のその日の集まりでは新世界に向けての大きな出来事がありました。


さて、今回はどうなるのでしょうか・・・

メチャメチャ楽しみ~!!


何しろ、想像できない世界の波動に触れるわけですからね!!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

情報ありがとうございます

脳科学とノンデュアリティ おもしろかったです。特に、犯罪にお話しが及ぶところが。(笑)

雷矢さんへ


コメント、ありがとうございます。

行動した0.5秒後に脳がその理由をつけるという話は、動画配信前の9月5日に、福山での集まりで話題になりました。

それを多数の人が実感できるようになったら、世の中、変わるでしょうね!!
プロフィール

Niraikanai567

Author:Niraikanai567
住所:大阪府羽曳野市
性別:女性

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

心と体・宇宙をひとつに

印流ナチュラルライフ 
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR