無慈悲なのは当たり前?



私たちからの質問に対する菜穂さんの答えのボキャブラリーは、ほんとに少ない。

それも無慈悲なまでに容赦ない。(笑)

 ( だって、それが本当のことなのだから、他に言いようがないのよねェ・・・)


それである時阿部さんが、「ボキャブラリーを増やすために、(他の人が書いた)非二元の本を買ってあげようか」と菜穂さんに尋ねたら、彼女は「えっ? 私、いつも同じことを喋っていますか? 気が付きませんでした」と答えたそうです。

そんな答えが返ってきたということは、菜穂さんには一瞬一瞬しかないということだ、と阿部さんは話されていました。


菜穂さんは質問に答える時、「ここから見ると・・・」というように、いつも「ここから」という言葉を使われます。

では、「ここ」ってどこのことなのでしょうか。


阿部さんが菜穂さんと初めて会った時、菜穂さんはノンデュアリティについて語っているのではなく、ノンデュアリティがそのまま語っていると感じたそうです。

私の場合は、彼女は人間じゃないと感じたり、姿を認識するのが難しいと感じたりしましたね。

溝口あゆかさんはじゅんころさんとの対談で、ひとりで居ると自分が消えてしまいそうだと話されていました.。

ということは、普段は私たちと同じように「自分」を実感しているということですね。

では、菜穂さんの場合はと言えば、「ここ」という言葉を使って私たちの居る所と分けているわけですから、彼女はノンデュアリティの場に行ったきりというわけなのですね!!



菜穂さんは、「この集まりに来る人は、どこかで非二元のことを知っているんです」と言います。

阿部さん曰く、「一度知ったら、他の事はどうでもよくなって、興味を持つのは非二元のことだけになる」のだとか・・・。


そうなんです。

私も非二元情報に出会ってからというもの、ちょっとした興奮状態が続いています。

あゆかさんとじゅんころさんの対談などを観ていると、お祭り騒ぎのように私には感じられましたが、姉は、このところの非二元ブームを見ていて、まるで大晦日のようだと表現しました。

ということは、新年はもうすぐなのか???


昨晩のスピTVで阿部さんが話されていましたが、三千院門主・堀澤さんは菜穂さんに会った瞬間、「彼女は本物だ。修行は無力だった」と仰ったのだとか。

それ以来、堀澤さんは菜穂さんのことを広める活動をされているそうです。


素晴らしい!!



ここで、堀澤さんのプロフィールを阿部さんのところから転載させていただきます。m(__)m


☆堀澤祖門

京都・三千院門跡第62世門主。天台宗大僧正。86歳。
京都大学在学中に比叡山に登り、叡南祖賢師のもとで出家得度。
その後、戦後初の「12年籠山行」に身を投じ、過酷な行を積む。
満行後、さらなる行を求めてインドを遍歴、ヨーガを学んだり、インドの日本山妙法寺に寄宿して新しい仏教運動に触れる。
比叡山に帰山後は、在家者の修行道場「居士林」や、僧尼の養成道場「行院」で指導にあたり、叡山学院院長を経て、三千院門主に就任。



このような方ですから、世間に及ぼす影響はかなり大きいでしょうね!!


新年が明けるのは、ほんとにもうすぐのような気がしてきました~ \(^o^)/

ワクワクしますね!!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niraikanai567

Author:Niraikanai567
住所:大阪府羽曳野市
性別:女性

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

心と体・宇宙をひとつに

印流ナチュラルライフ 
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR