やっぱり「愛」



昨日は川田薫先生の講演会でした。

と~ても面白くて楽しかったです。

もう少し堅いお話かと思っていましたが、私と姉好みの超スピリチュアルなお話でした。



講演の内容を少しだけ紹介します。

自分が今まで経験して得たもの全てを捨て切る。

全てを捨て切った時に残るものは自分という存在だけになり、
そうなるとその存在すら認識できない = 無の自覚

そうなって初めて自己(自分の本質)が再生され、
全ての現象を受け入れて、それを活かし切る存在に変わる。

そうなった後、想像したものを現実化できるようになる。

最終的にはあらゆる階層の意識、根源そのものに私たちは変容する。



講演後のワークショップ「心と魂の扉を開くと、全ての存在物との対話ができるようになる」では、宣言文を唱え、「ごめんなさい」「ありがとう」と言いながら自分をクリーニングしました。


クリーニングするのは、自分を愛せるようにするためですね。


10日のスピTVでスプーン曲げが話題になりましたが、自分の好きな人や好きな物を思い浮かべながらやると曲がるのだそうです。

それを聞いて私は、生物だけでなく物質も含めて全てのものを愛することができたなら、境界線がなくなり、全てがひとつになる。

だから、スプーンも曲がる・・・ そう思ったのでした。


宣言文は1日に1万回唱えるのが理想なのだそうですが、それは無理なので100回唱えます。

私はそれも無理そうなので、クリーニングだけ気が付いた時にやろうかと思います。


先日、永年お世話になった炊飯器をゴミの日に出したのですが、感謝の気持ちでいっぱいになり胸がキューンとなりました。

こんなふうに、徐々にですが、物質との境界線がなくなりつつあるので、クリーニングだけで大丈夫のような・・・(#^.^#)


もしかしたら、何回も宣言しないと効果が出ないのは、それを潜在意識では疑っているからかもしれません。

嘘も100回言ったら本当になると言いますし、何回も宣言しているうちに疑いが消えるのでしょうね。

私の場合は、かなり信じられるようになっているということでしょうか (*^_^*)



「感謝の気持ちでいっぱい」で思い出しましたが、2度めの高野山詣の前日から朝にかけて、また気づきが訪れてくれました。

闇の存在の悲しみや苦しみが分って、とても切ない気持ちになったのです。

その気持ちは数日続きました。


闇の存在も「愛」!!

ただただ、感謝です。



そうそう、この写真

          11/13

川田先生は龍が写っていると仰いました。

そう言えば、そうです!!

何人もの方にお見せしましたが、龍だと言われたのは初めてです。

イルカくんが、高野山に龍が沢山居たと言っていましたから、御厨人窟に居ても不思議ではないですね。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Niraikanai567

Author:Niraikanai567
住所:大阪府羽曳野市
性別:女性

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも一覧

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

心と体・宇宙をひとつに

印流ナチュラルライフ 
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR